未分類

社会人になっても活きるキャッチャーで学べる7つのスキル

こんにちは。

高校まで野球部に所属していた谷田川(@yatagawa0422)です。

この時期は、甲子園出場を目指して全国各地で地方予選大会が行われています。

わたしの出身地(福島県)も明日(7/28)に決勝戦が行われます。

(※わたしは3軍でしたが、日大東北高校で3年間野球をしてきました。)

高校3年間の野球部生活で学んだ10つのことはこちらをご覧ください。

やたログ
やたログ
https://yatalog.life/life/baseboll/highschool
次の世代によりよいパスを。

“]

今回は、社会人になっても活きるキャッチャーで学べる7つのスキルについてご紹介します。

そもそもキャッチャーとは

捕手(ほしゅ)または、キャッチャー (英:catcher) とは、野球ソフトボールにおいて投手の投球を受ける役割の選手である守備番号2。英略字はC(catcherから)。常にスターティングメンバー入りする捕手は特に正捕手(せいほしゅ)と呼ばれる。慣用句的に投手を支えるという意味から「女房役」、その連想から正捕手のことは「正妻」、または守備位置から「の要」と表現される事もある。なお、捕手が野手に含まれるのは広義の場合に限られている。クリケットではウィケットの前を陣取ることからウィケットキーパーまたはキーパーと呼ばれる。

出典:捕手-Wikipedia

社会人になっても活きるキャッチャーで学べる7つのスキル

まとめ

 

社会人になっても活きるキャッチャーで学べる7つのことについてご紹介しましたが、

キャッチャー以外でも学べることはまります。しかし、キャッチャーは他のポジションと比べても考えなければいけないことも多く、高速PDCAを回していくので、社会人でも必要なスキルになりますので、今キャッチャーをやっている人はこれまで以上に自信を持って取り組んでほしいと思います。また、これまで野球でキャッチャーをやっていた人は、培ったスキルを活かしてほしいと思います。