生き方

文書を書くのが苦手なわたしが、ブログを書き始めてわかった3つのことを紹介します。

こんにちは。谷田川雅基(@11as093)です。

小学生の時から、文章を書くのが

苦手だったわたしが、ブログ始めて

わかったことをご紹介します。

f:id:yatagawamasaki:20181006004704j:plain

一番最初の記事を書くだけで、

3時間半かかりました。

(文字数は1,000文字くらい)

書いては、消し、また書いては消しの繰り返し。

書いている途中から自信がなく、

「何か違う。」

「あれ、何が言いたかったんだ??」

「誰のために書いてるんだっけ??」

「文章が下手すぎ。辛い。」

さまざまな感情が次から次へと

襲いかかってきました。

しかし、書き終わって公開した後に

感想やアドバイスをもらいました。

その中で改善点だけではなく、

良かった点も教えてもらえたことで

少しずつ書くことへの抵抗がなくなってきました。

どんどん書いて公開していきましょう。

書く順番がわかれば大丈夫

f:id:yatagawamasaki:20181006004710j:plain

始めて記事を書く人は、

上から順番に書き始めると思います。

題名から始まって、簡単な紹介、

目次、各見出し、最後にまとめの

順番で書いていくと思いますが、

上から順番に進めていくと、

途中で言いたいことが、

わからなくなることも多いと思います。

そのため、わたしは以下の順番で書いています。

①何について書くかを決める。

②タイトルを決め、途中の見出しを決める。

③なぜ今回の記事を書くのか、最初で紹介する。

④まとめを書く。何を言いたいのか絞る。

⑤見出しに沿った内容を書く。詳細情報等については調べる。

⑥画像を選ぶ。

どの順番で書くのが、

自分にとって一番書きやすいか

試してみることをオススメします。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

苦手なこともそのうち慣れる

f:id:yatagawamasaki:20181002135030j:plain

わたしは、文章を書くことに

苦手意識がありました。

しかし、何回か記事を

作成していく中で、

徐々に苦手意識が薄れていきました。

苦手意識以上に、もっとブログを

書こう。サイトを見やすくしよう。

などといった前向きな考え方になりました。

そのため、苦手なことでも

続ければ苦手ではなくなることが

わかりました。

まとめ

ブログを通してできないことはないと感じました。

始めは、多くの障壁があり、大変なことも

多いと思いますが、続けることで慣れます。

慣れてしまえばよりよくするためには、

どうすればいいかと前向きに考えることが

できるようになると思います。

ぜひ、苦手なことをやってみましょう。

慣れるまで!!!!