生き方

【体験談】ふるさと納税をやってみた!!2,000円で欲しいものがあればお得

まめもやし
まめもやし

●ふるさと納税って何?
●ふるさと納税はどんな仕組みなの?
●ふるさと納税は実際にお得なの?
●ふるさと納税で税金は安くなるの?
●ふるさと納税は2,000円の負担で返礼品がもらえるの?
●ふるさと納税は手間多くて大変なの?

やたがわ
やたがわ
こんな疑問について体験を元に、ふるさと納税の仕組みややり方、実際にやってみてどうだったかを簡単に説明していきます。

 

本記事の内容

●ふるさと納税とは
●ふるさと納税の仕組み(引用説明+個人の解説)
●ふるさと納税シミュレーション(シミュレーションURL添付)
●ふるさと納税やってみたメリット・デメリット

 

わたしは、実際にふるさと納税で北海道の町に寄付しましたた。そこで、今回はふるさと納税を体験してわかったことを中心に書いていきます。

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、2つの特典があります。

①2,000円の負担額で返礼品がもらえる。

例えば、10,000円の寄付で、負担額が2,000円で10,000円分の返礼品を受け取ることができます。残りの8,000円が2つ目の特典になります。

②残りの8,000円が住民税と所得税から控除される。

例えば、先ほどの10,000円の寄付を2,000円の負担で返礼品が受け取れて、残り8,000円が住民税と所得税から控除されます。(税金が安くなる。)

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に
寄附ができる制度のことです。

手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

多くの自治体では、
地域の名産品などのお礼の品が用意されていて、

自分が寄附したお金の「使い道」を指定できる。
(引用:https://www.furusato-tax.jp/about)

ふるさと納税の仕組みを簡単に

 

ふるさと納税サイトでシミュレーションする

金額を把握する

ふるさと納税サイトを選ぶ

返礼品を選ぶ

寄付を申し込む

返礼品を受け取る

確定申告をする

(※ワンストップ特例を利用すれば、確定申告が不要です。)

 

ふるさと納税でお得になるのかシミュレーション

 

自分の負担額2,000円で、地域の特産品がもらえます。

寄付額から2,000円を引いて、残りの金額が住民税や所得税から控除されます。

そのため、欲しい返礼品がある場合や、故郷などのふるさとに寄付したい場合には、是非ふるさと納税してみてください。

寄付先が5つ以下の場合には、

確定申告せずに控除を受けることができます。

活用してみてください。

ふるさと納税やった結果のメリット・デメリット

ふるさと納税のメリット

 

 

 

 

 

ふるさと納税のデメリット

「ふるさと納税」は一度はやってみた方がいいと思います。

ワンストップ特例という制度があるので、5つの自治体までなら、

確定申告せずに住民税の控除を受けることができます。

(※所得税からの控除はできない。)

 

まだ、昨年末の納税だったため住民税の控除は

今年の住民税から控除されるはずなので、控除を受けたら、

また ブログで紹介したいと思います。

「ふるさと納税」のシミュレーションは、こちら

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.satofull.jp/static/calculation01.php"]

 

まとめ