生き方

【納税】ふるさと納税は絶対にやるべき!!実際にやった感想とやった方がいい理由を紹介します。

こんにちは。

201812月末に、

人生ではじめて「ふるさと納税」をした谷田川(@yatagawa0422 )です。

これまで、

・返礼品がもらえる。

・税金の控除になる。

と自分にとってメリットがあることは知っていましたしたが、

確定申告の面倒くささを理由にやっていませんでした。

今年こそはやってみようと思い、

やってみたら、とても簡単だったので、

やり方と実際にやってみた感想を書いていこうと思います。

 

ふるさと納税とは

 

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に
寄附ができる制度のことです。

手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

多くの自治体では、
地域の名産品などのお礼の品が用意されていて、

自分が寄附したお金の「使い道」を指定できる。
(引用:https://www.furusato-tax.jp/about)

 

→2,000円の負担額で、税金の控除が受けられて、

返礼品ももらえます。

現在では、ワンストップ特例という制度が

設けられているため、確定申告等の手間がなく、寄付することができます。

 

ふるさと納税のやり方

 

ふるさと納税サイトでシミュレーションする

金額を把握する

ふるさと納税サイトを選ぶ

返礼品を選ぶ

寄付を申し込む

返礼品を受け取る

確定申告をする

(※ワンストップ特例を利用すれば、確定申告が不要です。)

 

ふるさと納税をした方がいい理由

 

自分の負担額2,000円で、地域の特産品がもらえます。

寄付額から2,000円を引いて、残りの金額が住民税や所得税から控除されます。

そのため、欲しい返礼品がある場合や、故郷などのふるさとに寄付したい場合には、是非ふるさと納税してみてください。

寄付先が5つ以下の場合には、

確定申告せずに控除を受けることができます。

活用してみてください。

まとめ

 

「ふるさと納税」は一度はやってみた方がいいと思います。

ワンストップ特例という制度があるので、5つの自治体までなら、

確定申告せずに住民税の控除を受けることができます。

(※所得税からの控除はできない。)

 

まだ、昨年末の納税だったため住民税の控除は

今年の住民税から控除されるはずなので、控除を受けたら、

また ブログで紹介したいと思います。

「ふるさと納税」のシミュレーションは、こちら

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php