一人暮らし

福島から東京に来てわかった視野を広げることの重要性

こんにちは。

谷田川雅基(@11as093)です。

大学進学を機に、

郡山市(福島)から

板橋(東京)に上京しました。

それまで、18年間は、

旅行以外で県外に出ることは

ありませんでした。

そのため、福島県郡山市という

とても狭い世界で生きてきました。

そこから、1,200万万人が住む

東京に上京してわかった

3つのことをご紹介します。

f:id:yatagawamasaki:20181029180906j:plain

「挨拶をすること」

「お礼を言うこと」

「前から人が来たら避けること」

「隣近所と会話すること」

などなど、まだまだありますが、

福島の実家に住んでいる時には、

当たり前だと思っていました。

しかし、東京に上京して

これまでに出会ったことがない、

九州や四国から、同じく上京している人や、

東京で生まれ育った人と接していく中で、

わたしの常識は、他の人から

すれば、常識でもなんでもないということ。

何かと、「常識でしょ。」

「そんなの当たり前でしょ。」で

コミュニケーションを済ませてしまいがちですが、

前提が違うことを理解した上で、

コミュニケーションをとることが重要です。

客観的な視点で見ることの重要性に気がついた。 

f:id:yatagawamasaki:20181030182223j:plain

狭い世界で生きていると、

見えている地域が嫌になり、

テレビで見る東京に憧れもありました。

自分が今リアルに見ているものよりも、

テレビの先にある世界がとても良く見えていました。

「隣の芝は青い。状態でした。」

しかし、故郷を離れて、

生活する中で、徐々に地元の良さに

気づかせれました。

これも違う世界に出て、

振り返ったからこそ、わかったことです。

客観的な視点で物事を見ることで、

今までは気がつけなかったことに

気がつくことができます。

大学進学を目指している高校生は、

ぜひ、外に出てより大きい世界で、

生活することで、その後の人生に

必要な視点を得ることができると思います。

情報格差があることを体感した。 

f:id:yatagawamasaki:20181011163052j:plain

東京と福島の田舎で

圧倒的に違うことそれは、

「情報格差があること。」

ネットが繋がり、全世界に繋がり、

どこからでもアクセスできる環境が

あることで、これまでに比べれば、

地域性は関係なくなったのかもしれません。

しかし、

まだまだ、リアル(人を介した)情報の量が

少ないと思います。

また、人口が圧倒的に少ないことで、

取り組みをしている人も少ない。

そのために情報の格差が

生まれていることもあります。

田舎の人は、ネットで検索して

リアルでどんどん人に会うことが

必要だと思います。

まとめ 

f:id:yatagawamasaki:20181011163055j:plain

福島から東京に出てわかったことは、

3つです。

前提を理解したコミュニケーションが重要

常識が何かを理解せずに、

話をするとなかなか、

コミュニケーションが取れません。

そのため、

常識という言葉を疑うことが必要です。

客観的な視点で見ることの重要性に気がついた。

近くて見えないことも、

距離を置いて、客観的な視点で

見ることで、気づくこともあります。

例:虫の目と鳥の目

を意識することが重要です。

情報格差があることを体感した。

ネットが繋がっているが、

田舎と東京では情報の格差があること。

人が少ないことで、リアルな情報が少ないことがあります。

以上のことを福島の田舎から、

大都会東京に出て気がつきました。