一人暮らし

快適な時間を過ごすために、夜行バスの移動時に必要な5つ

こんにちは。谷田川雅基(@11as093)です。

わたしは、これまで7年間で、

50回以上の夜行バス移動を経験しました。

夜行バス移動をする理由になった活動は

こちらから

www.yatalog.life

そこで、今回はこれまでの経験を元に

夜行バスで快適に過ごすために必要なグッズ

快適に過ごすためのポイントをご紹介します。

f:id:yatagawamasaki:20181014212400j:plain

夜行バスに乗り始めた時は、

出発後、直ぐに寝れていたので、

ネックピローの必要性を感じていませんでした。

しかし、朝起きた時に首の痛みを感じるようになりました。

座った状態で寝るため、首の位置が様々な方向に動きます。

最悪、寝違えるといったこともあります。

そこで登場するのが、「ネックピロー」

実際に使ってみたところ、首が固定されることで

首を痛めることもありませんでした。

一度使ったらなくすことはできません。

口をつけずに膨らませるタイプがオススメ。

(※若干値段は上がっても買う価値はあります。)

バスの通路は若干明るいので「アイマスク」が必須

f:id:yatagawamasaki:20181014212406j:plain

夜行バスは、客席の窓はもちろん、

運転席と客席の間も暗幕で覆われます。

そのため、基本的には真っ暗の空間になりますが、

通路側の下には、常夜灯がついているため、

下向きで寝る場合には、少しきになると思います。

そこで登場するのが、「アイマスク」

目を閉じれば暗くなると思っている人もいるかもしれません。

しかし、目を閉じていても光は感じますので、

「アイマスク」を活用し、真っ暗な世界で快適に眠りましょう。

音楽を聴く以外に、イビキ対策もなる「耳栓orイヤホン」

f:id:yatagawamasaki:20181014212403j:plain

普段から移動の際に、イヤホンで音楽を

聞いている人は、音量に気をつけながら、

普段通りに快適に過ごすことができると思います。

しかし、わたしのように普段あまり音楽を聞かない人に

とって、最悪なのが、近くの人の「イビキ

近くの人なら、うるさいくらいで済みますが、

隣の人が「イビキ」をかいていたら、

騒音以外にも、「自分だと思われたくない。」と

いったこともあると思います。

そのため、普段イヤホンを持ち歩かない人は、

「耳栓」の購入をオススメします。

音をシャットアウトすれば快適な

眠り間違いなし。

温度調整は自分で。「上着」を持っていきましょう。

多くの夜行バスでは、

ブランケットが11枚配布されます。

しかし、この1枚だけで温度調整をするのは、至難の技。

夏でも冷房が効きすぎて、

寒いこともありますので、1枚多めに持ち、

快適な温度で眠りましょう。

頻尿にとって必須の通路側の席を確保

最後に、一番重要かもしれません。

夜行バスで一番の心配事の一つが、トイレ。

普通の健康状態であれば、我慢することが

できると思います。

しかし、体調不良や、お腹を壊している時、

わたしの場合には、頻尿のためもありますが、

可能な限り席は、通路側を取るようにしています。

「いつでもトイレに行ける安心感」

「隣の人が寝ていても自由に出れる安心感」は

快適な眠りにつくためには、欠かせません。

通路側の席を予約して、

安心感満載で快適な眠りを実現しましょう。

まとめ

夜行バスは、夜の時間を有効に活用して、

移動できるため、お金を持っていない大学生や、

若手社会人にとっては最適な移動手段だと思います。

しかし、夜眠れずに現地に到着してしまえば、

次の日は、体調が悪い状態からのスタートになります。

そのため、夜行バス移動を快適に過ごすために、

ネックピロー、

アイマスク、

耳栓orイヤホン、

上着、

席選び

を試してみてください。