生き方

わたしが出会ったすごい先生の名言をご紹介します。

こんにちは。谷田川(@11as093)です。

中学2年から大学3年まで、

教員になることを目指し

母校で3ヶ月の教育実習も行い、

教員免許を取得しました。

そこで、教員を目指すきっかけになった

「先生の名言」をご紹介します。

また、教員になりたいと思ったことをやめた理由について

書いていきたいと思います。

中学2年生から、

大学進学を見据えた高校受験の準備が始まり、

始めて将来の夢を現実的に考えた際に出てきたのが、「教員」でした。

なぜ教員を目指そうと思ったか考えると、

先生から掛けられた数々の言葉が

心に残っていました。

(他に知っている職業がなかったこともあります。笑)

出会った先生の名言

● 小学校

「自由と責任」

小学校3,4年生の時に担任をしていた先生が教えてくれた言葉。

●中学校

「これからの時代をどう生きるかを考えるのはあなた達」

中学校の美術の先生が残してくれた言葉。

●高校

「環境が変われど、やることは皆同じ。」

高校受験に失敗してモチベーションが上がらない中で、

場所が変化しても自分のやることは変わらない。と言うことを学びました。

「これからを生き抜く人は、変化に対応できる人間」

どんなことがあっても、対応するためには、

新しいものや変化を受け入れることが必要なんだと学びました。

「私よりも貴方がたの方が優れているに決まっている。」

次に産まれてくる人が、優れていなかったら、人類は退化しているはず。

これまでの歴史が人類の進化を示してくれている。と世界史の先生が

教えてくれました。

教員になることを辞めた理由

「お金がもらえなくても教員になりたいの?」

→公務員として安定的な収入を得てやりたいだけなのかもしれない。

→お金が潤沢にあってもやりたいかどうかで迷ってしまいました。

「子どもに教育するなら、親でもいいんじゃない?」

→他の子どもに対して責任が持てるのだろうか。

→多様性を認めながら、1人1人を見ることができるだろうか。

「社会経験の少ない人が教員でいいの?」

→今の社会でいきていくためにはある程度、金融リテラシーを

もっていない人が教えると子どもたちは不安になるのではないか。

f:id:yatagawamasaki:20180828223840j:plain

一番の決めてとなったのは、

科目(国語・算数)を教えたいわけではない。

やりたいことをやればいい。

勉強できなくてもいいよ。

宿題やらなくてもいいよ。といった学校教育で

できないといけないと思われていることも

全然問題ないよ。と民間人として言っていきたい。

まとめ

限られた大人としか、出会えない子どもにとって

先生の与える影響はとても大きい。

教員としてではなく、1人の大人として子ども達を肯定できる

生き方をしていきたいと思います。