ロジカルシンキングを身に付けたい人が読むべき本をご紹介

f:id:yatagawamasaki:20181218214259j:plain

 

社会人が一度は聞いたことがある、

ロジカルシンキングについて、

知らなかったわたしが、

実際に読んで、わかりやすかった本をご紹介します。

 

 

マンガでわかる。マッキンゼー式ロジカルシンキング

 

 

マンガでわかる。マッキンゼー式ロジカルシンキングを

読む前までは、言葉のイメージが先行してしまったことで、

難しい能力なんだろうなと漠然と思っていました。

 

しかし、

この本を読んで一番最初に感じたことは、

誰もが、すでに持っている能力であること。

 

また、A4一枚に限られた時間で、

思っていることを書いて行くことで、

誰でも簡単にできることがわかりました。

 

 

 

 マンガでわかる!トヨタ式資料作成術

 

マンガでわかる!トヨタ式資料作成術は、

直接的に、ロジカルシンキングを説明している本ではありません。

 

しかし、資料作成の際に問題の本質を

探るために必要な思考法として紹介されています。

 

フィッシュボーン図やロジックツリーを

用いて、表面的な問題から、なぜを繰り返して

本質的な問題に辿り着くと考えられています。

 

ロジカルシンキングに必要な

方法が簡単に紹介されていますので、

是非読んでみてください。

 

 

まとめ

 

 

ロジカルシンキングを身につけたい人は、

言葉のイメージだけで判断せずに、

まずは、紹介した2冊の本でロジカルシンキングという言葉の

ハードルを下げてみることをお勧めします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です