活動に必要な資金調達のために行ったクラウドファンディング。4回のチャレンジ成功で学んだ3つのこと

f:id:yatagawamasaki:20181102223736j:plain

 

 

こんにちは。谷田川雅基(@11as093)です。

 

これまで「僕らの夏休みProject」で

4度のクラウドファンディングを

実践しました。

「僕らの夏休みProject」については、

こちらの記事からどうぞ。

 

www.yatalog.life

 

readyfor.jp

準備から報告までの全てを

経験してわかった3つのことを

ご紹介します。

 

 

開始初日で達成率が決まる。 

 

f:id:yatagawamasaki:20181029180910j:plain

 

プロジェクト開始日で、

目標金額の1020%の金額が

集まった場合には、

9割の成功率になると言われています。

 

しかし、開始日に、

全く知らない人が、

突然協力してくれること

珍しいことです。

 

そのため、事前に周りの人に

開始日を伝えて、

発信や資金協力を

 

お願いすること大事です。

 

開始前にどんなお願いをするか、

どんな計画でプロジェクトを発信していくかを

団体内で検討することが必要になります。

 

キュレーターの必要性 

 

f:id:yatagawamasaki:20181009160411j:plain

クラウドファンディングの中には、

キュレーターという、サイトを運営している

企業の人が担当者として、

伴走してもらえる場合があります。

 

電話やメールを使って、

サポートをしれくれます。

 

毎日、進捗状況を確認して、

今後どういった対策が必要になるかを、

一緒に考えてくれます。

 

しかし、

何度か実行している間に

感じたことは、必要ない。

ということでした。

 

これまでに、成功した人に

掲載から報告までの流れを確認すれば

ほとんどの人が自分で実行できてしまいます。

 

 

資金は簡単に集まる。という想い込みを捨てる。 

f:id:yatagawamasaki:20181011163049j:plain

最近では、クラウドファンディングが

様々なところで話題になっています。

 

団体の資金調達や、

製品開発時のマーケティング、

オンラインサロンなど

 

用途は様々ですが、

ハードルが下がり、金額が大きく

なったことで、誰にでも、簡単に

資金調達ができると思ってしまう人が

いると思います。

 

しかし、簡単ではありません。

事前の準備から実施、報告まで、

ある程度、事前に準備しておく必要があります。

 

公開前に、終了後までの準備をしておきましょう。

 

 

まとめ 

 

f:id:yatagawamasaki:20181011163038j:plain

 

クラウドファンディングは、

簡単ではありません。

 

お伝えした3つのことを

意識して利用して見てください。

 

〈振り返り〉

 

①最初の数日で達成するかどうかの

9割が決まるそうです。

 

そのため、最初の数日は、

近い人に協力をお願いしましょう。

 

②資金提供者だけでなく、

SNSを使った発信の協力も

お願いしましょう。

 

多くの人に見てもらう機会が

必要です。

そのためには、多くの人に

届けることが重要です。

 

③資金は簡単には集まりません。

クラウドファンディングサイトに

掲載するだけでは、資金は獲得できません。

 

サイトに集まっている人が、

協力してくれるのではなく、

あくまでプロジェクトを見た人が、

参加してくれますので、

多くの人に虚力を依頼して、

活動に必要な資金を集めましょう。

 

NPO法人などの

非営利組織の資金調達は、

ぜひこちらの本を確認してみましょう。

 

CAMPFIREでプロジェクトを始める!!!

 

camp-fire.jp

 

Readyforでプロジェクトを始める!!!

readyfor.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です