体験して気づいた、リーダーに必要な5つの要素

f:id:yatagawamasaki:20181027234926j:plain

 

こんにちは。谷田川雅基(@11as093)です。

 

「僕らの夏休みProject 実行委員会」の

2013年度学生リーダーになってわかった

5つのことをご紹介します。

 

「僕らの夏休みProject」について

どんな目的のために、

誰が、何をしているのか?

についての詳細はこちらから

www.yatalog.life

 

 

目標を掲げること 

f:id:yatagawamasaki:20181017192311j:plain

わたしは、

何をするために、

組織を作り、どんなことを

達成したいのか話せること。

 

想いや感情は、

その時々で変わるかもしれません。

そのため、現時点で考えている

目標を掲げることが重要です。

 

一人でやるときは、

自分の頭の中にあれば十分かもしれません。

 

しかし、組織で何かをやる場合には、

どこを目指すのか目標を

掲げることが重要だと思います。

 

軸をぶらさないこと 

f:id:yatagawamasaki:20181009160411j:plain

 

話す内容が変わっても、

軸はぶらしてしまってはいけません。

 

人に応じて、内容を変えてしまったり、

Yes or Noを変えてはいけません。

 

どちらかを選択した場合には、

批判もあるかもしれません。

 

ですが、軸をぶらしてしまうと

どちらも仲間にできなくなります。

 

そのため、全員に受け入れられることを

考えるのではなく、

一人でも受け入れてくれていれば安心して大丈夫です。

  

周りを巻き込むこと 

f:id:yatagawamasaki:20181011163038j:plain

目標を掲げ、

軸をぶらさずにやることで

仲間が集まると思います。

 

仲間が集まれば、

その人たちをどんどん巻き込んでいきましょう。

 

様々な知恵をを持った人が

集まることで、

目標達成以上の成果に

繋がると思います。

 

また、多くの人に

想いや活動について話し共感してくれた人は、

何かしら協力をしてくれます。

 

そういった人をどんどん仲間にしていきましょう。

 

 

任せること 

f:id:yatagawamasaki:20181006202604j:plain

 

目標達成に向けてやることは、

日々沢山とあると思います。

 

しかし、やることの中には

リーダーにしかできないことがあります。

そのため、リーダーがやらなくても

いいことは、他の人に任せましょう。

 

細かい作業に時間を

取られてしまっては、

方向性などの大枠を考えることが

できなくなります。

 

それでは組織の存続が

危うくなります。

リーダーにしかできないことに

時間を使えるようにしましょう。

 

サボっても、組織が回るように

なることを目指す必要があります。

 

 

人は想いに共感し、論理で納得するということ 

f:id:yatagawamasaki:20181006202624j:plain

人を仲間にして

動いてもらうためには、

論理的に話してもダメです。

 

まずは、共感してもらうことが必要です。

 

想いに共感してもらい、

論理で納得してもらうことが必要になります。

そのため、リーダーとして、

なぜやるのか、やることでどうなるのか?を

徹底的に考え実行することが必要になります。

 

右脳(直感)・左脳(論理)を

うまく活用しましょう。

 

 

まとめ 

 

リーダーは、夢を描き、

想いを語り、仲間を集めることで

ビジョンを達成することができます。

 

そのために、リーダーとしての5つのことを

意識して活動することをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です