ことばの活動

【データ要約】令和元年版の子ども・若者白書を読んでわかった5つの課題

こんにちは。

一般社団法人ことばの谷田川(@yatagawa0422)です。

(※こちらのブログは現在毎日更新25日目を迎えました。)

一般社団法人ことばでは、子ども・若者に対して、「自分の人生を1からデザインする楽しさであふれる社会」を目指して活動しています。

一般社団法人ことばについてはこちらをご覧ください。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://yatalog.life/corporation-npo/%e4%b8%80%e8%88%ac%e7%a4%be%e5%9b%a3%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%b0%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%81%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e5%9b%a3%e4%bd%93%e3%81%a7%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e4%ba%8b"]

一般社団法人ことばが2020年までに行う事業については、以前こちらで記事にしました。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://yatalog.life/kotoba-activity/%e4%b8%80%e8%88%ac%e7%a4%be%e5%9b%a3%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%b0%e3%81%a72020%e5%b9%b4%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ab%e3%82%84%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88"]

そこで今回は、一般社団法人ことばが対象としている、子どもや若者はどんな課題を抱えているのか内閣府が平成22年から毎年作成している「子ども・若者白書」の最新版を読んでわかった5つの課題についてご紹介します。

1.自分自身に満足していない。自分に長所がない。

まずは、子ども・若者白書のデータから見ていく。

日本の若者で、自分自身のイメージの中で、「自分自身に満足している」と「自分には長所が あると感じている」に「そう思う」又は「どちらかといえばそう思う」と回答した者の割合は、それぞ れ45.1%と62.3%であったが、この割合はいずれも同様の回答をした諸外国の若者の割合と比べて低 かった。

日本の若者で、「自分には長所があると感じている」に「そう思う」又は「どちら かといえばそう思う」と回答した者の割合は、平成25年度の調査時よりも6.6ポイント低かった。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/pdf_index.html"]

日本は諸外国と比べて、「自分自身に対する自己否定感」が強いことがわかります。また、平成25年度よりもさらに低くなっていることから、これからも一般社団法人ことばとしては、子ども・若者に対してできる活動を行います。

2.心配ごとは、お金・将来・仕事の3つ

悩みや心配事の有無についてみると、日本の若者で、「心配」又は「どちらかといえば心配」と回答 した者の割合が最も高かったのは「お金のこと」の79.3%であった。次いで高かったのは、順に、「自 分の将来のこと」の78.1%、「仕事のこと」の70.8%であった。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/pdf_index.html"]

3.進学や勉強の心配は少なくなっている。

日本の若者で、「進学のこと」と「勉強のこと」に「心配」又は「どちらかといえば心配」と回答し た者の割合は、平成25年度の調査時よりもそれぞれ6.9ポイントと5.0ポイント低かった。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/pdf_index.html"]

進学や勉強の悩みに行き着く前の段階で、心配ごと(自分のこと)が多すぎて進学や勉強にについて悩んでいる場合ではない。

4.ボランティアへの関心は低下している。

いる」又は「以前、したことがある」と回答した者ほど、ボラン ティア活動を「したことがない」と回答した者と比べて、「社会をよりよくするため、私は社会におけ る問題の解決に関与したい」に「そう思う」又は「どちらかといえばそう思う」と回答した者の割合が 高かった。(図表 17) このように、日本の若者は、ボランティア活動をしているか経験したことがある者ほど社会参加への 意識が高かった。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/pdf_index.html"]


一般社団法人ことばでは、大学生のボランティアを労働力と考えていません。

ビジョンを達成するための仲間であり、事業の対象者(若者)でもあります。

5.学校に通う意義はあるが生活に満足していない。

「学校生活に満足していますか、それとも不満ですか」9 との問いに、日本の若者で、「満足」又は「ど ちらかといえば満足」と回答した者の割合は65.2%であり、同様の回答をした諸外国の若者と比べて 最も低かった。(図表 29) また、学校に通う意義について、日本の若者で、「意義があった/ある」又は「どちらかといえば意 義があった/ある」と回答した者の割合が最も高かったのは、「一般的・基礎的知識を身に付ける」の 80.4%であった。次いで高かったのは、順に、「学歴や資格を得る」の72.7%、「自由な時間を楽しむ」 の72.7%、「友達との友情をはぐくむ」の70.5%であった。(図表 30) このように、日本の若者は、学校に通う意義を認める者の割合はある程度高いのに対し、学校生活に 満足を感じている者の割合は、諸外国の若者と比べて最も低かった。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/pdf_index.html"]

日本の若者は学校に通う意義はわかっているものの、学校生活に満足を感じている人が少ない。学校生活に満足を感じていない理由は何か。また、学校生活以外の部分でことばで何かできることをしていきます。

まとめ

「子ども・若者白書」からわかることは、日本の子どもがいかに将来に不安を持って生活しているか。ということです。

抱えている全ての不安を解消することはできません。

しかし、一般社団法人ことばができるのは、より多くのロールモデルをオンライン、オフライン問わずに後輩(子ども・若者)に伝えて、同じ悩みを持つ人を減らすことだと思います。

これから課題は多様化、複雑化していきますが、できることを継続的していきます。