生き方

爺ちゃんの「死」から気づいた3つのこと

こんにちは。

谷田川(@yatagawa0422 )です。

3年前の41日に父方の祖父が

亡くなりました。

当日は、11時頃に親父から

ラインで爺ちゃんが死にました。

と連絡がきました。

しかし、エイプリルフールだったので、縁起でもない嘘つくなよ。

と思っていましたが、直ぐに母親から

電話が入り本当になくなったことを

知りました。

既に東京で働いていたので、

休みを取ってお葬式に参列しました。

そこから気づいた5つのことを

今回はご紹介します。

寂しい。辛い。という感情よりは、

気づかせてくれてありがとう。

といった感じです。

①会える回数は限られている

 

爺ちゃん、婆ちゃん、父ちゃん、

母ちゃんはいつまでも居ると

思ってしまうけど、突然いなくなる。

1年に1回だと30,40

2回でも60,80回しか会うことができない。

だからこそ、11回の会っている時や、会いに行ける時はなるべく、

会って話しをしなければいけない。

 

②親戚同士の情報共有は必要

 

爺ちゃん、婆ちゃんと一緒に住んでいるわけではないので、

どんな変化が起きているかわからない。

 

体が衰えてしまっているかもしれないし、

忘れ物が多くなっているかもしれない。

記憶力もなくなっているかもしれないし、

人と話す機会や外出する機会も減っているかもしれない。

 

普段から接して感じられないからこそ、

親戚の話を聞いて、適切な対策をとらなければいけない。

 

爺ちゃんの時は間に合わなかったけど。

残り3人の爺ちゃん、婆ちゃんには、しっかりと向き合っていきたい。

 

③場所が限定されない仕事をしないといけない

 

先ほどの会う回数の話と近いかもしれないけど、

どこで仕事をするかはとても大事。

 

家の近くなのか、30分程度で行けるのか、連休中にしかいけないのか。

普段から会える状況を作っておくこと。出勤しなくても仕事ができたり、

移動時間が少なくて済んだり。

 

すぐに会える環境で、

仕事をすることの重要性を感じました。

だからこそ、ブログを書いたりすることが必要になる。

 

まとめ

 

結婚式や葬式以外で

親戚と会って話すことは、

なかなかないので、

お爺ちゃんの思い出話をしながら、

皆んなで近況報告できるのは凄く良かったです。

しかし、どーせなら爺ちゃんが

生きてる時にできたら良かったなーと思います。

 

また、自分の働き方についても

改めて考えるきっかけとなったことはとても良かった。

 

また、会える回数が限られているなら、

家族はもちろん会いたい人には、どんどん会わないと、

会えなくなってしまうんだな。と思いました。

 

今の環境で会いたい人になかなか会えていない人は、

意識的に会いに行くようにしてみたらいいと思います。